アーバン・ハート(Urban HEART)の経過報告に関するアフリカ多国間会議

2013年7月17~19日
ウガンダ・エンテベ市

WHOアフリカ地域事務局とWHOウガンダ事務局は、WHO神戸センターの協力のもと、アーバン・ハート(Urban HEART)の経過報告に関するアフリカ多国間会議をウガンダのエンテベ市にて7月17~19日に開催しました。WHO神戸センターは、アーバン・ハートのグローバルな実施状況について報告をするとともに、会議に参加した各国や都市の関係者に対して、異なる状況に適したアーバン・ハートの実施を進めるための指導を行ないました。

会議にはアフリカ8カ国(アルジェリア、ブルンジ、コンゴ共和国、エチオピア、ガボン、ケニア、マリ、ウガンダ)の代表者が出席し、都市部の保健医療への取り組みについてそれぞれ発表しました。コンゴ共和国、ケニア、ウガンダは、現在アーバン・ハートを実践していて、他の国もその準備に取り掛かっています。

シェア