禁煙都市

人々は受動喫煙が健康に及ぼす悪影響から保護される権利を有しており、また、これは「たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約(たばこ規制枠組条約)」の下の義務でもあります。たばこ規制法を実施する国が増える一方で、地方自治体の法令は、しばしば国レベルの法律制定を見越して、または、国が制定する規制枠よりもさらに厳しい対策をもって受動喫煙の問題に取り組んできました。

市民を受動喫煙から守る市の条例は、WHOのたばこ規制戦略の達成を補助するものであり、また、都市における健康の社会的決定要因を積極的に改善するための都市保健行政の具体例でもあります。

fact buffet

死者数

60万受動喫煙による死亡者数は毎年60万人に達している

たばこファクトシート(2011年7月) - 英語版

たばこ規制枠組条約

178WHO加盟国の90%以上に相当する176カ国が締約

たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約 - 英語版

禁煙環境

11%国の禁煙法により保護されているのは世界人口の11%

たばこファクトシート(2011年7月) - 英語版

出版物

禁煙都市を目指して - 英語版

受け入れられやすく、適切かつ保健問題改善に効果的な禁煙法の準備・施行に向けた市当局を支援するための手引書

禁煙都市を目指して:
ワークショップ・パッケージ

学術論文 

お問い合わせ

WHO健康開発総合研究センター
〒651-0073
神戸市中央区脇浜海岸通1-5-1
I.H.D. センタービル 9階
電話:(078)230-3100
FAX:(078)230-3178
電子メール: wkc@who.int