気候変動への適応

気候変動は都市部の公衆衛生に新たな課題をもたらしています。気候変動の進行により、人々の健康への影響も増幅すると予測されるからです。なかでも気候変動によって最大の打撃を被るのは、最も貧しく備えの整っていない国々に住む最もリスクにさらされやすい人口グループだと考えられます。傷害や生活習慣病から、食料、水、生物を媒介とする伝染病まで、都市の保健医療制度は、変化し続ける気候パターンと上昇し続ける平均気温によって新たに生じるニーズに対応していかなければならないのです。

WKCの事業

WKCは、主に都市部の脆弱性評価と気候変動への適応の分野で研究と政策提言を行っています。

関連情報:

Climate change and human health
WHO Headquarters

お問い合わせ

WHO健康開発総合研究センター
〒651-0073
神戸市中央区脇浜海岸通1-5-1
I.H.D. センタービル 9階
電話:(078)230-3100
FAX:(078)230-3178
電子メール: wkc@who.int