高齢化

ほぼ全ての国において、平均寿命の伸びと出産率の低下により、60才以上の人口は、どの年齢層より急速に伸びています。この人口の高齢化は、公衆衛生政策と社会経済発展の成功によるものと言える一方で、高齢者の健康、身体機能、及び社会参加、社会保障を最大限にするために、社会が適応していかなければならない課題でもあります。

WHO神戸センターでは、世界の関係機関と緊密に連携し、高齢者にやさしい都市の指標を開発するなど、高齢者にやさしい環境についての研究を行なっております。日本に位置することで、センターは日本固有の専門知識および経験を活用することができ、国内の研究者と協同して、健やかな人生をより長く過ごせるような介入策、政策の特定について研究を行なっています。

fact buffet

3億9500万2050年までに達する80才以上の世界人口。

高齢化に関するQ&A

50年チリ人女性の平均寿命を、1910年(33才)と2010年(82才)で比較した際の差

高齢化の概況報告

25%日本における2030年までの85歳以上人口の推定割合

JAGES HEART: 日本老年学的評価研究による健康の公平性評価・対応ツール

出版物

エイジフレンドリーシティ評価:コア指標に関するガイド

2015年12月 -- WHO神戸センター(WKC)は、エイジフレンドリーシティの評価に用いるコア指標に関する新しいガイドを発表しました。英語の原版をはじめ、中国語、フランス語、スペイン語の各翻訳版を同時出版。今回新たに発表したガイドは、すべての都市やコミュニティがエイジフレンドリーな環境を創出、管理し、そのインパクトに関するエビデンスを構築するために必要なガイダンスとインスピレーションを提供しています。本ガイドはWHO高齢化とライフコース部局との連携のもと、多くの国際専門家、国や自治体、そして高齢者を含むコミュニティ代表者の協力を得て作成されました。

第2回WHOグローバルフォーラム:高齢者のためのイノベーション
(2015年10月7日~9日 神戸) レポート

2015年12月11日 -- WHO神戸センター(WKC)は、「 第2回WHOグローバルフォーラム: 高齢者のためのイノベーション」のレポートを発表しました。今回のフォーラムは、高齢者とイノベーションに関する保健や社会に関する進行中の問題や新課題について、情報共有、協議、さらには新たな思考を引き出すことを目的にWKCが2013年に構築したプラットフォームを基盤に開催されました。「 Imagine Tomorrow - 明日を見据えて」をテーマに、人口の高齢化が進む世界各国の制度や地域社会、技術の変革について討議が行われ、その成果は、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)、持続可能な開発目標(SDGs)の達成にあたり時宜を得た内容となりました。

WHO西太平洋地域の6カ国における高齢者のための医療・補助機器のニーズに関する調査研究

WHO神戸センターは、WHO西太平洋地域の6カ国(中国、日本、マレーシア、フィリピン、韓国、ベトナム)を対象に実施された高齢者のための医療・補助機器のニーズに関する調査結果について、報告書を作成しました。本報告書では、調査結果から得られた情報をもとに、高齢者のための優先度の高い医療・補助機器を特定し、利用可能性を左右する要因を把握し、また、高所得国、低・中所得国の双方においてより良質な機器を手頃な価格で入手できるようにするための実施可能な方策を提案しています。

「WHOグローバルフォーラム:高齢者のためのイノベーション」 レポート

2013年、世界保健機関(WHO) は、リソースが限られた状況にある高齢者のニーズに応えるために、フルーガル・イノベーションを用いた対応策について協議すべく、幅広い関係者との情報・意見交換の機会提供を目的に「グローバルフォーラム:高齢者のためのイノベーション」を組織、開催しました。

2013年12月10日~12日、神戸市にて3日間の日程で開催されたグローバルフォーラムには、21ヶ国から170名を超える参加者が出席、活発な討議が展開されました。

お問い合わせ

WHO健康開発総合研究センター
〒651-0073
神戸市中央区脇浜海岸通1-5-1
I.H.D. センタービル 9階
電話:(078)230-3100
FAX:(078)230-3178
電子メール: wkc@who.int

WHO神戸センターの事業内容に関するお問い合わせは、電子メールで wkc@who.int にお送りください。

WHO本部に関するお問い合わせは、 http://www.who.int/about/contact_form/en/ からWHO本部にお問い合わせください(英語)。