高齢化

ほぼ全ての国において、平均寿命の伸びと出産率の低下により、60才以上の人口は、どの年齢層より急速に伸びています。この人口の高齢化は、公衆衛生政策と社会経済発展の成功によるものと言える一方で、高齢者の健康、身体機能、及び社会参加、社会保障を最大限にするために、社会が適応していかなければならない課題でもあります。

WHO神戸センターでは、世界の関係機関と緊密に連携し、高齢者にやさしい都市の指標を開発するなど、高齢者にやさしい環境についての研究を行なっております。日本に位置することで、センターは日本固有の専門知識および経験を活用することができ、国内の研究者と協同して、健やかな人生をより長く過ごせるような介入策、政策の特定について研究を行なっています。

fact buffet

3億9500万2050年までに達する80才以上の世界人口。

高齢化に関するQ&A

50年チリ人女性の平均寿命を、1910年(33才)と2010年(82才)で比較した際の差

高齢化の概況報告

25%日本における2030年までの85歳以上人口の推定割合

JAGES HEART: 日本老年学的評価研究による健康の公平性評価・対応ツール

地域で高齢者を支える社会イノベーションに関する研究
Research on community-based social innovations for healthy ageing (CBSI)

Call for Expression of Interest (EOI) - 関心表明の公募について
– 中所得国対象事例研究

WHO神戸センターは「健康な高齢化を支える地域レベルの社会イノベーションに関する研究(Community-based social innovations for healthy ageing (CBSI) )」を開始します。世界規模で高齢化が進行する中、高齢社会に対応する統合的な保健・社会サービスの整備は急務であり、特に地域レベルでの整備の重要性が指摘されています。本研究では、高齢者の暮らしや健康を改善するため、現在、世界各地で実施されている地域レベルでのケアやサポートサービスの中から先進的なモデルを検討していきます。本研究はRAND Europe社(英国・ケンブリッジ)との共同研究として、今後1年間、主に中・高所得国を対象に実施されます。

本研究では、a)地域で高齢者自身が積極的に関わる保健・社会サービスの先進事例、b)高齢者の自律性を高め、健康とQOL(生活の質)を可能な限り長く維持するための介入策、c)既存の保健システムとの融合性、協調性について調査を実施します。

具体的には、世界約10カ国(中所得国)における事例研究と文献のシステマティックレビューを実施、それぞれの事業がどのように実施されているのか、どのように行政や民間の他の保健・社会サービスと連携しているのか、参加している高齢者にとってどのような恩恵があるのかに関して調査を行ないます。

研究成果として、より高い持続可能性とサービスの統合を確実にするため、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ (UHC) に照らしてCBSIの類型及び政策の選択肢や政策概要を構築し、各国の政策への活用を促すことが期待されています。

ついては、WHO神戸センターとRAND Europe社は、中所得国における「健康な高齢化を支える地域レベルの社会イノベーションに関する研究」の対象となる事例を公募します。詳細は 関心表明 (Expression of Interest – EOI) 公募案内をご覧ください。 応募締切りは、2016年12月31日です。

お問い合わせ

WHO健康開発総合研究センター
(WHO神戸センター ・ WKC)
〒651-0073
神戸市中央区脇浜海岸通1-5-1
I.H.D. センタービル 9階
電話: (+81) 78-230-3100
Fax: (+81) 78-230-3178
電子メール: wkc@who.int