WHO神戸センターについて

WHO健康開発総合研究センター(WHO神戸センター)は、社会、経済、及び環境の変化が及ぼす健康への影響、またそれらの保健政策への反映について応用研究を行っています。都市部の健康評価、都市部の保健行政、そして健康危機に対する備えと都市部の健康に関するプログラムを立ち上げて、都市環境に重点を置いた研究活動を行っています。 1995年に設立されたWHO神戸センターは、都市化を重要な健康決定要因と位置づけ、政策の選択肢を開発し、技術協力、能力開発、科学知識や成功事例の情報交換を支援しています


構想

都市部のすべての人々に健康を

使命

都市に公平な健康をもたらす政策立案に向けて、健康格差傾向の調査、および証拠の検証という側面から研究を推進、主導する。


歴史

センター設立の背景と沿革

諮問委員会

WHO神戸センター諮問委員会は毎年11月に開催されます。

アレックス・ロス 氏

2011年10月に米国籍のアレックス・ロス氏がWHO神戸センター所長に就任しました。

お問い合わせ

WHO健康開発総合研究センター
〒651-0073
神戸市中央区脇浜海岸通1-5-1
I.H.D. センタービル 9階
電話:(078)230-3100
FAX:(078)230-3178
電子メール: wkc@who.int